【10年前のきょう・2008年3月13日】県会は十三日、予算特別委員会を開き、仲倉典克委員(県議会自民党)ら五人が総括質疑した。福井鉄道福武線問題で旭副知事は、沿線三市住民による路線存続を求める署名が約十二万人分集まり、二〇〇一年の京福電鉄運行停止を受けた存続署名を約五万人上回ったことを明らかにした。

 田村康夫委員(県議会自民党)が「沿線三市で署名活動や支援活動の組織化が活発化している。どう受け止めるか」とただしたのに答えた。

関連記事
あわせて読みたい