床下から複数の赤ちゃんの遺体が見つかった建物=12日午後、東京都文京区

 東京都文京区白山にある住宅の床下から、瓶の中で液体に漬けられた赤ちゃんの遺体3〜4体が見つかったことが12日、警視庁への取材で分かった。

 現場は以前、産婦人科医が住んでいたが、約3年前からは空き家だった。事件性はないとみられる。液体はホルマリンとみられ、警視庁が鑑定を進める。

 この住宅を最近になって購入した30代の女性が、シロアリ駆除業者を呼んだところ床下から遺体が見つかったため、11日正午ごろに110番していた。

関連記事
あわせて読みたい