【10年前のきょう・2008年3月11日】福井市会の教育民生、経済企業の両委員会は十一日開かれた。教育民生委では、本年度内に市内小学校の教職員全員に一台ずつパソコンを配備する市の議案を可決。市は新年度予算案では、今年十二月をめどに中学校の教職員全員にパソコンを配備することにしており、二十五日の本会議で両案が可決されれば、市内小中学校の全教職員にパソコンが配備される。

 市は、本年度予算で市内小学校のIT環境整備に国の補助金約三億四千万円を充てた。このうちコンピューター教室のパソコン約七百台の更新費用を除いた約一億六千六百万円を使い、ノートパソコン九百三十三台などを購入。今月三十一日までに市内小学校五十校の教職員に一台ずつ配備する。

関連記事
あわせて読みたい