望月一仁監督(前列左から2人目)と梶本知暉理事長(同3人目)を囲み、意気込むサウルコス福井の新入団8選手=9日、福井市湊公民館

 サッカー北信越リーグ1部のサウルコス福井は9日、福井市湊公民館で新入団8選手の記者会見を行った。J3鹿児島から加入したGK植田峻佑(29)らが「JFL(日本フットボールリーグ)昇格と福井国体優勝を目指す」などと意気込みを語った。

 NPO法人福井にJリーグチームをつくる会の梶本知暉理事長らが同席した。2年目の望月一仁監督は「選手10人が退団し、攻撃と守備でバランスよく補強した」と狙いを説明。かつて指導した選手もおり、新戦力8人には「昨季の主力メンバーと競争してほしい」と期待を込めた。

 J3沼津から加わったMF蔵田岬平(27)は「アピールポイントは得点力。結果にこだわりたい」と抱負を語った。中央学院大から入団したDF木村健佑(22)は「左足のシュート、スルーパスを見に来てほしい」と力強く話した。

 8人の加入で選手は総勢21人。さらに複数の選手を獲得する見通し。

 北信越リーグ1部は4月8日に開幕し、2連覇を狙うサウルコス福井はアウェーで上田ジェンシャン(長野)と対戦する。

■サウルコス福井 2018年新入団選手

▽GK
植田峻佑(29)J3鹿児島 千葉県
吉内博也(22)江戸川大 福島県

▽DF
木村健佑(22)中央学院大 千葉県
馬場将大(27)J3沼津 大阪府
山崎貴雅(25)ヴァンラーレ八戸 岐阜県

▽MF
蔵田岬平(27)J3沼津 熊本県

▽FW
中筋誠(30)ラインメール青森 福岡県
金村賢志郎(25)松江シティFC 島根県

※左から名前、年齢、前所属、出身地

関連記事