「ふくまむ祭」のチラシ

 福井のママと福井新聞社でつくる子育てグループ「ふくまむ」は3月10日、未就学児の親子向けイベント「ふくまむ祭」を、福井市大和田2丁目の同社1階で開く。遊びや体験、買い物などさまざまな催しを展開。家族で思い出に残る1日を過ごすことができる。

 風の森ホールは「ハッピーブース」として、ママによるワークショップやハンドメイド品販売、ハンドマッサージコーナーを設ける。「タイルde脳トレ」はさまざまな形のタイルを組み合わせて黒板に貼り、お絵かきに挑戦。愛らしい似顔絵、名前を入れたポエムを書いてもらえる一角もある。

 ステージでは、ベビーマッサージ(午前10時半~、要予約)や英語リトミック(午前11時20分~)、新聞ドーム(午後2時半~)を実施。福井国体マスコットはぴりゅうを迎えての、はぴねすダンスもある(午後1時半~)。

 風の森ギャラリーには、福井市の写真スタジオHalma(ハルマ)による“出張フォトブース”が登場。おしゃれな家族写真を撮影してもらえる。

 同社1階「プレス21」では福井、鯖江市民でつくる親子体験サークル「RACCOON(ラクーン)」によるゲームコーナー、ハンドメイド品の販売がある。正面玄関近くには、その場で撮った家族写真でオリジナルカレンダーを作るブースも。クレープやタコスの出張販売車もやって来る。

 ふくまむのスタッフたちは「子どもはもちろん、お父さんお母さんも笑顔になるイベントにしたい」と精力的に準備を進めている。

 イベントは午前10時~午後3時半。

 =福井新聞の子育て紙面「はぐカフェ」は毎週月曜に掲載中!

関連記事
あわせて読みたい