炎を上げて燃える杉田武雄さん方=8日午前1時15分ごろ、福井市石新保町(読者提供)

 8日午前0時50分ごろ、福井市石新保町の杉田武雄さん方の空き家から出火。木造2階建て約157平方メートルを全焼、南側に隣接する住宅の雨どいの一部も焼いた。けが人はなかった。

 福井南署によると、「2階から火が出ている」と近くの住民が119番通報した。付近に火の気はなく、同署は不審火の可能性もあるとみて出火原因を調べている。

 親族によると、杉田さんは30年ほど前に行方不明になり、死亡届が出されているという。以前は杉田さんの次男が住み、空き家になってからは電気やガスを止め、近くの親戚が掃除や郵便物の始末などをしていた。最後に中に入ったのは2月24日ごろで人が侵入した形跡や火の気はなかったという。

関連記事