【10年前のきょう・2008年3月10日】大地震など災害時に情報を提供し、飲料水が無料になる災害対応型の自動販売機が十日、県庁一階の県庁ホールに設置された。震度7クラスの地震に耐えられる構造で、県の施設では初めてという。

 自販機上部の電光掲示板で、通常時は時刻やニュース、県のイベント情報を流し、災害時には避難勧告などの被災状況や気象情報などを表示する。水道が断水した場合などには、遠隔操作により商品が無料になる。

関連記事
あわせて読みたい