犬猫用の厳選したグッズやフードが並ぶ「ミグノンプラン」店内。キャットウオークでは保護された猫たちが遊んでいる=東京都渋谷区

 東京・渋谷区。地下鉄東京メトロの最寄り駅から1分ほど歩いたところに、命を売らないペットショップ「ミグノンプラン」はある。1階がフードやグッズの物販、トリミングなどを行うペットサロン、2階は動物病院、3階は保護動物を預かるシェルターになっている。

 サロンには、添加物のことまで考えたフード、体に良いとされるシャンプーなど厳選したペット用品が並ぶ。フロアで犬が寝ていたり、頭上にある木製の「キャットウオーク」の上を猫が走ったりしている。

 ミグノンプランは生体販売をしない。店内の犬や猫はすべて保護動物。月2回開かれる譲渡会で、里親の元へ行く日をのんびりと待っている。

 経営する友森玲子さん(41)は「とにかく動物目線の店にしたかった」と話す。子犬を親犬から無理やり離してケージにいれたり、値札を貼って安売りしたりすることは「自分がされたらすごく傷付く」のでしない。動物を大事にしない飼い主もいることを思うと「お金で売ることは考えられなかった」と起業当時を振り返る。

   ■  ■  ■

 2002年にペットサロンを杉並区で開業し、07年から保護活動を始めた。動物を幸せにする活動の認知度を高めるため14年、より多くの人の目に留まる渋谷区に移転する決意をした。「動物のためになる店にすれば、自分が飼い主なら入り浸る。売り上げも伸びる」との確信もあった。

 友森さんが「趣味」と話す保護活動。10年で約2千匹を都の動物愛護相談センターや熊本地震被災地などから受け入れ、約1700匹を新たな飼い主に譲渡した。現在いる約200匹のうち半数以上は預かりボランティアの家で一時的に生活している。

関連記事