【10年前のきょう・2008年3月5日】許可容量の十三倍を超えるごみが持ち込まれた福井県敦賀市樫曲の民間最終処分場問題をめぐる破産手続きで五日、同市内にあるキンキクリーンセンターの元関連会社社長宅と、隣接する「迎賓館」と呼ばれる建物の解体工事が本格的に始まった。


 一方、最終処分場は、第一抵当権者の整理回収機構と破産管財人、県との協議で、無償譲渡を断った県が行政権限行使による管理に万全を期すという強い意志を確認できたとして、同機構は同日、三月末をめどに担保権を放棄する方針を明らかにし、キンキ社名義が残ることになった。

関連記事