昭和シェル石油(本社東京)は1日、福井県の一部を含む関西電力エリアでの電力販売を始めた。契約者を対象にガソリン代割引などのサービスを設け、顧客の取り込みを図る。

 県内の対象エリアは嶺南の1市4町。低圧で受電している一般家庭と法人向けに、ドライバーズプランとホームプランの2種類を設けた。ドライバーズプランは、昭和シェル石油のガソリンスタンドで給油するとレギュラー、ハイオクは1リットル当たり10円引き、軽油は同5円引きとなる。月50リットルまで。

 ホームプランは、1カ月の電気使用量が200キロワット時以上で2%以上割引、300キロワット時以上で5%以上割引となる。夜間(午後8時~午前7時)の使用割合が60%以上だと、さらに割引となる。ガソリン値引きの特典もある。同社によると、1カ月の電気使用量が400キロワット時、ガソリンが100リットルの家庭の場合、いずれのプランも既存の電力会社より、電気料金とガソリン代合わせて年間1万1千円以上安くなるという。

 同社ガソリンスタンドかホームページで申し込む。4月末までの契約で、最初の月の電気料金が2千円引きになる。問い合わせは同社電気お客様センター=電話0570(03)6789。

関連記事