アメリカンフットボールの練習方法などの動画を配信している星谷直貴さん=福井市内

 アメリカンフットボールのワールドカップ(W杯)元日本代表で、社会人Xリーグの強豪チームでも日本一に貢献するなど活躍した星谷直貴さん(43)=福井市在住、桃山学院大攻撃コーチ=が、トレーニング方法などの動画のインターネット配信を始めた。長年、トップ選手として培った経験を惜しみなく伝授していく考えで「特に地方の大学生は(日本一決定戦の)ライスボウルを目指すきっかけにしてほしい」と話している。

 星谷さんは東京都出身。現役時代は180センチ、110キロの体格で、相手をブロックしランナーの走路を確保したり、クオーターバックを守ったりするオフェンスライン(OL)の名選手だったことで知られる。2003年W杯日本代表に選出されたほか、05年にはオービックシーガルズで日本一、08年にはアサヒ飲料チャレンジャーズで地区優勝に貢献し、昨季限りで現役引退した。

 動画配信を思い立ったのは、大学の関東、関西トップリーグと地方リーグの実力差を痛感したため。学生日本一を決める甲子園ボウルへの挑戦権が、09年から全国各地のリーグを制したチームによるトーナメント形式となり、地方にも門戸が開かれている。しかし、有力選手をなかなか集められず、社会人で続けるOBも少ない地方大学のチームは、トップレベルのアメフットに触れる機会が少ないのが現状だ。

 星谷さんは「トーナメントは一発勝負。地方リーグの選手にもチャンスはある。勝つための練習や試合への臨み方を伝えたい」と28年間の競技生活で編み出した独自の方法を配信する。

 重量級選手がぶつかり合う最前線のOLに必要不可欠な筋力トレーニングは、アメフットの動きに直結した手法を紹介。ベンチプレスでは、いったんバーを胸に下ろしてから、合図で爆発的に持ち上げるといった、試合で相手選手との対戦を意識した内容になっている。

 星谷さんは今後、1年間のシーズンの流れに合わせ、ブロックの細かい技術やスカウティング(偵察・分析)、試合前の過ごし方などについても配信していく考え。動画投稿サイト「ユーチューブ」で「Hossy Lifeちゃんねる」で検索すれば見られる。

関連記事