豪雪の影響で釣果情報は少ないが、防波堤や港湾中心にチヌやアジが釣れている。

 【越前海岸】ヤリイカは左右、玉川、梅浦、大樟、道口などで25~40センチ。エギングでもササミやアジを使った餌釣りでも揚がる。小樟~甲楽城で30センチ前後のサヨリ。グレは雄島で30~35センチが1~3匹。ソフトルアーを使ったアジ釣りは鷹巣~茱崎で15~20センチが上々。三国突堤でも狙え、カサゴ、メバルも交じる。

 【福井新港】チヌはパイプライン、北防、サッカー場下で30~52センチ。仕掛けはウキフカセやカニの落とし込み。アジは30~45センチがサッカー場下で狙える。早朝にサビキを70~80メートル遠投すると好反応。

 【嶺南】音海でヤリイカが上向き。チヌは竹波、挙野で40センチ級がまずまず。産卵のため浅場に寄る“ノッコミ”シーズンに今後期待。小浜新港周辺は、河川からの雪解け水が流れ込み厳しい状況。

 【河川】雪解けとともにサクラマスに期待がかかる。

河川
サクラマス
福井新港
チヌ
アジ
嶺南
チヌ
ヤリイカ
越前海岸
ヤリイカ
関連記事
あわせて読みたい