卒業証書を手にクラスメートと談笑する牧丈一郎投手(中央)=1日、福井市の啓新高

 プロ野球の阪神にドラフト6位で入団した啓新高の牧丈一郎投手(18)が1日、福井市の同校で卒業式に出席した。3年間過ごした学びやに別れを告げ、「1軍で投げている姿を早く見てもらえるように頑張っていく」と決意を新たにした。

 高知県安芸市での2軍キャンプに参加していた牧投手は27日に帰福。引き締まった表情で卒業式に臨み、時折笑みも見せた。クラスに戻ると、担任の先生から卒業証書を受け取り、クラスメートに1軍登板を誓った。

 高校の思い出は「仲間との寮生活」。京都市出身だが、「福井は第二の故郷。また戻ってきたい」と感慨深げだった。印象に残る試合は、自身の剛速球でキャッチャーミットのひもが切れて捕逸となり、延長サヨナラ負けした昨夏の福井大会準々決勝を挙げた。

 今季後半の1軍昇格を目標に掲げている。「高卒1年目なのでシーズン通してけがのない体をつくりたい」と話し、その足で兵庫県西宮市の阪神鳴尾浜球場に向かった。

関連記事
あわせて読みたい