女子高生の間ではInstagram(インスタグラム)のストーリーズが人気急上昇中だ(筆者撮影)
女子高生の愛用する3大SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)といえば、「LINE」「Twitter(ツイッター)」「Instagram(インスタグラム)」。
しかし、この勢力図に異変が起きています。“若者のLINE離れ”がささやかれていますが、女子高生が離れていくSNSはTwitterかもしれません。今回は、女子高生たちの最新SNS動向をお伝えします。

「LINEは無料通話が強い」

女子高生といえばLINE、というイメージを誰しもが持っていますよね。LINEが販売しているスマートスピーカー「LINE Clova Friends」のウェブ限定CMにも、制服姿の女子たちが出演しています。

女子高生たちに「LINEの魅力って何?」と改めて聞いてみたところ、「通話でしょ。無料通話強い」と即答されました。携帯電話番号を知らなくても、LINEでつながってさえいれば無料で通話ができる点が便利なのだそう。

「あとグループだよね。親ともグループで連絡してるし」という声も。家族や友達とつながっている重要な連絡ツールであるLINEは、もはや通信インフラと化しています。

LINEは全世代に普及しており、総務省の平成29年版情報通信白書によると、2016年における10代から60代までのLINE利用率は67%で、60代が20%台と低いものの、ほかの世代はすべて過半数を超える利用率になっています。「LINEやってない」という人が減ったのは、皆さんも日々体感していますよね。

話題だった「既読スルー」や「未読スルー」も最近は気にならないそう。「何日に会う?とか用件があるときは早く返せよって思うけど、そうでなければ別にどうでもいいかな」という女子高生もいれば、「トーク相手によるよー」という人も。「もうメールと一緒だよね」という意見には、ほかの女子高生も頷いていました。

 

テンポのいいトークを交わすこと自体が遊びだったLINEの使われ方が少しずつ変わり、近しい人との連絡手段や通話ツールとしての需要が増しているようです。InstagramやTwitterが楽しくても、LINEをやめるという選択肢はないとのことです。

「そういえば、Twitterって全然開かなくなった」

1人の女子高生が言うと、ほかの女子高生たちからも「私もー」との声が。女子高生がLINEと同じぐらい好きだったTwitterに何が起きているのでしょうか。

関連記事