スキー距離の成年女子Bで5位入賞した石井翔子=新潟県の赤倉観光リゾートクロスカントリーコース

 第73回国民体育大会冬季大会スキー競技会「にいがた妙高はね馬国体」第3日は27日、新潟県妙高市で行われた。福井県勢は14人が出場。距離で成年女子B5キロクラシカルの石井翔子(勝山市役所)が18分14秒0で自己最高の5位に入り、3年連続の入賞を果たした。同種目の矢口小百合(福井県体協)は12位に終わり、2年連続の入賞はならなかった。

 アルペンの大回転は、少年女子で辻朱夏(福井工大福井高)が1分8秒68で10位。入賞は逃したが、競技得点が与えられるのは同一都道府県から上位2人までとする規定により、8位の得点に当たる1点を獲得した。成年女子Bの阪井愛理(日体大職)は16位だった。

関連記事
あわせて読みたい