恐竜でラッピングされたバス「100満ボルト号」=25日、福井市の100満ボルト福井本店

 家電量販店「100満ボルト」を展開するサンキュー(本社福井市新保北1丁目、小林義典社長)が、恐竜をモチーフに京福バス1台をラッピングしたバスの運行が、26日に始まった。

 ラッピングバス「100満ボルト号」は、フクイラプトルやフクイティタンが窓から飛び出るような迫力のデザイン。JR福井駅を発着する路線を中心に4ルートで運行する計画。

 運行に先立ち25日、100満ボルト福井本店で、福井県の公式恐竜ブランド「ジュラチック」のラプトらを招いて出発式を行い、サンキューの道法一雅常務、京福バスの天谷幸弘社長らがテープカットした。道法常務は「北陸新幹線延伸が迫り、今秋には福井国体が開かれる。当社は福井が発祥で、県民の皆さんと歩みを共にしてきた。恐竜王国をPRすることで福井の元気につなげたい」とあいさつした。

 恐竜バスの運行を記念し、動画投稿サイトで人気を集めている高校1年生の電子オルガン奏者「826aska」さん(同県鯖江市)のコンサートが開かれた。

関連記事