福井県内の小学校の教室

 発達障害については、自身も発達障害という福岡県の男子高校生から意見が寄せられた。発達障害が要因で、いじめられたという生徒は、記事に出てくる登場人物に対し「あなたの苦しみを理解しない学校の対応は間違っている」と主張。「ほかに苦しんでいる人たちのためにも黙っていてはいけない」とし、学校以外の専門機関に相談し、味方をつくることが重要とした。

 発達障害の子を持つ40代の母親からは「先生はもちろん、他の親たちを含む社会全体が発達障害の知識を深めることで、苦しむ子どもを減らすことができると思う」という意見があった。

 「共働きが進み、核家族が増えて、大人にもゆとりがなくなっている」というある母親は、学校以外で子どもの存在を認めてあげる場所の必要性を指摘。「小さいときから息子は私の親に『お利口さんだ』『大切な子だ』と言われてきた。だから、先生に厳しいことを言われても乗り越えることができた、と息子が言っていた」とした。

 学校教育の現状について、小学生の子どもを持つ福井市の40代男性は「ボス的な児童が教室をかき回し、授業が進まない。各世帯が家庭教師を雇ってカバーしている」と、学級崩壊に陥っている現状を語った。

 部活動についても。顧問の先生の言葉が原因で不登校になった福井県鯖江市内の男子中学生の40代母親は「『運動神経がないのに部活に入るな』などという言葉を言う人に先生の資格はあるのか」と疑問を投げ掛けた。さらに「勝つことにこだわり過ぎて、子どもの成長や上下関係の学びの場になっていないのではないか」と訴えた。

関連記事