強制収容を米政府が謝罪してから30年に合わせ、ニューヨークでデモ行進する日系米国人ら=24日(共同)

 【ニューヨーク共同】第2次世界大戦中の日系米国人に対する強制収容を米政府が謝罪して30年となるのに合わせ、日系米国人らが24日、ニューヨークでイスラム圏からの入国規制を含むトランプ政権の排外主義的な政策に反対するデモを実施した。

 20人超の参加者は「われわれはイスラム教徒や、移民、抑圧された人々を支持している」「(強制収容の歴史を)繰り返すな」などと書かれたプラカードを掲げ、トランプ大統領の自宅が入るトランプタワーの前から日米合同教会までの約3キロを歩いた。

関連記事