平昌冬季五輪のカーリング男子決勝を観戦し、米国チームに拍手を送るトランプ米大統領の長女イバンカ大統領補佐官(中央)=韓国・江陵(聯合=共同)

 【ソウル共同】トランプ米大統領の長女イバンカ大統領補佐官は24日午後、韓国・江陵で平昌冬季五輪のカーリング男子決勝を観戦し、米国チームを応援した。聯合ニュースが報じた。試合は米国がスウェーデンを10―7で破って初優勝した。

 リードする米国チームに向け、立ち上がって拍手を送る場面もあった。

 一方、文在寅大統領の金正淑夫人が23日の夕食会の際、靴を脱いで会場に入ることをイバンカ氏が不便に感じるのではないかと案じ、夫人が自らデザインした絹製の室内履きをプレゼントしたことが分かった。イバンカ氏は「気に入った。ありがとう」と話したという。

関連記事
あわせて読みたい