金井宣茂宇宙飛行士がツイッターに投稿した、ISSから撮影した福井県の画像。坂井市から越前市あたりにかけて平野部が雪で真っ白になっている様子が分かる

 国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の金井宣茂宇宙飛行士(41)が、大雪で真っ白になった福井県内の画像をツイッターで発信した。

 23日に福井県児童科学館(坂井市)で行われた県内の子どもたちとの交信イベントに合わせ、同日午前6時50分ごろに投稿。九頭竜川河口の坂井市三国町から越前市辺りまでの平野部が雪で覆われている様子が分かる。平野を曲がりくねった九頭竜川もくっきりと写っている。

 金井さんは交信前に「大雪で大変だと聞いていますが、大いに盛り上がって、熱気で雪を溶かしてしまうくらい楽しみたいと思います」とつづり、終了後には「驚くくらい大きな声が届いて、逆にこちらの方が元気をいただきました」とツイートした。

 交信は、同館で25日まで開かれているイベント「ふくい宇宙博~ふくいと宇宙が一番近い日」の一環で、金井さんは「『ふくい宇宙博』に、宇宙ステーションから参加します」とも書き込んだ。

 交信の様子は「ゆめ つくる ふくい」公式サイト(http://yumetsukuru.jp/)から視聴できる。

関連記事
あわせて読みたい