福井市東消防署東分署の40代男性救急隊員が16日に市内で救急車を運転中、車計4台が絡む追突事故を起こしていたことが22日までに分かった。追突された乗用車の運転手ら2人が軽傷を負った。

 市消防局総務課によると、救急車や消防車といった緊急車両による人身事故は、市消防局の前身の福井地区消防組合が設立した1971年以降初めて。

 救急車は搬送先の病院から東分署に戻る途中で、乗っていた隊員4人にけがはなかった。

 16日午後2時55分ごろ、同市順化1丁目の県道交差点で、赤信号で停車していた乗用車に追突。乗用車に乗っていた3人のうち、男女2人が頸椎捻挫の軽傷を負った。乗用車の前方に止まっていた乗用車2台を含む計4台の玉突き事故となった。けがをした2人は別の救急車が搬送した。

 隊員は「ブレーキを踏んだが間に合わなかった。大変申し訳ないことをした」と話しているという。市は隊員の前方不注意とみて調査しており、隊員の処分も検討中。市消防局消防総務課の室谷博之課長は「被害者に大変申し訳なく反省している。市民の信頼回復に努めたい」と話した。

関連記事
あわせて読みたい