正木組事務所から押収物を運び出す福井県警捜査員=20日、福井県敦賀市本町1丁目

宮原組事務所の家宅捜索を終えた福井県警捜査員=20日、福井市有楽町

 福井県警は20日、同県敦賀市本町1丁目の暴力団正木組事務所と、福井市有楽町の暴力団宮原組の事務所を家宅捜索した。両事務所の捜索は、昨年10月に福井地裁が使用禁止の仮処分決定を出して以降初めて。

 正木組事務所の捜索は、みかじめ料の支払いを断った飲食店経営者に暴行し、現金を奪った強盗傷害容疑事件。敦賀署などが18日に組員を逮捕していた。捜査員約15人が約2時間、事務所がある建物に入り関係資料を押収した。

 宮原組事務所の捜索は、暴力団員であることを隠して金融機関に口座を開設した詐欺容疑事件。鯖江署などが19日に組員を逮捕しており、捜索は捜査員約10人が1時間余り行った。

 昨年10月に福井地裁が出した仮処分決定は、事務所で定例会や儀式を行ったり、構成員を立ち入らせたりすることを禁じている。県警によると決定後、両事務所で多数の暴力団員の出入りや集まりは確認していない。

 正木組は指定暴力団神戸山口組の2次団体、宮原組は指定暴力団山口組の3次団体。

関連記事
あわせて読みたい