【ブリュッセル共同】欧州中央銀行(ECB)は19日、ラトビアのABLV銀行に対し、全ての支払いを停止させたと発表した。ラトビアの金融規制当局に停止措置を要請した。米財務省は13日、ABLVが北朝鮮のマネーロンダリング(資金洗浄)に関与していたと指摘。急速に資金繰りが悪化していた。

 ABLV銀行はラトビア第3位の銀行。

 英紙フィナンシャル・タイムズ電子版などによると、ラトビア反汚職当局は17日、同国中央銀行のリムシェービッチ総裁を一時拘束した。詳しい容疑やABLVとの関連は不明。リムシェービッチ氏はECBの理事会メンバーでもある。

関連記事