医師の労働時間の管理方法

 労働組合「全国医師ユニオン」が医療機関の勤務医に実施したアンケートで「(労働時間が)タイムカードなどで客観的に管理されている」と答えた大学病院の医師はわずか5・5%だったことが18日、分かった。民間病院と比べて大幅に低い上、「管理なし」と答えた人の割合は29・1%と高かった。

 診療に加え、教育、研究の役割も担う大学病院は、他の病院よりも労働時間が長い傾向があるにもかかわらず、適正な労務管理ができていない実態が明らかになった。

 厚労省の有識者検討会がまとめた医師の働き方改革の緊急対策は、出退勤記録の適正把握も掲げており、大学病院での取り組みが急務となる。

関連記事