正木組事務所=2017年11月、福井県敦賀市本町1丁目

 福井県敦賀市内の飲食店経営者にみかじめ料の支払いを断られ、暴行して現金を奪ったとして県警敦賀署と県警組織犯罪対策課は18日、強盗傷害の疑いで指定暴力団神戸山口組系正木組組員で同市、無職高島弘剛容疑者(60)を逮捕した。

 逮捕容疑は17日午前4時40分ごろから同7時ごろまでの間、同市本町1丁目の正木組事務所近くの飲食店で、経営者の30代男性に毎月3万円のみかじめ料の支払いを要求、拒否されたため顔や胸などを酒瓶や手拳で殴ったり蹴ったりして10日以上の治療が必要なけがを負わせ、現金3万円を奪った疑い。

 県警組織犯罪対策課によると、経営者の男性は高島容疑者が正木組員だと知っていた。捜査員が18日午前11時ごろ岐阜県内で発見して逮捕した。

 県警は認否を明らかにしていない。ほかの店からみかじめ料を取っていたかや、正木組の資金源となっていたかなどを調べる。

関連記事
あわせて読みたい