男子フリーの演技を終え、雄たけびを上げる羽生結弦=江陵(共同)

 フィギュアスケート男子で金メダルを獲得し、日の丸を手に笑顔の羽生結弦(右)と銀メダルの宇野昌磨=江陵(共同)

 金メダルを獲得した羽生結弦の4回転サルコーの連続合成写真=江陵(共同)

 【平昌共同】平昌冬季五輪第9日は17日、フィギュアスケートの男子フリーが行われ、前日のショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(23)がフリーでも圧巻の演技を披露し、男子で1948年サンモリッツ、52年オスロ大会のリチャード・バットン(米国)以来、66年ぶりの2連覇を達成した。

 昨年11月の右足首の負傷から復帰し、日本選手として冬季五輪の個人種目で初めて連続で頂点に立った。

 昨季の世界選手権2位でSP3位につけ、最後に演技した初出場の宇野昌磨(20)は銀メダルを獲得した。フィギュアで初めて複数の日本選手が同時に表彰台に立った。

関連記事