【10年前のきょう・2008年2月18日】福井市は十八日、市内に三十七ある公立保育所すべての民営化を推進する方針を、市会行財政改革特別委員会で明らかにした。私立幼稚園などの事業者から新年度に希望を募り、二〇〇九年度に業者選定や地域への説明会を開催。一〇年四月から、年に一、二カ所のペースで開設することを目指す。

 理事者の説明によると、民営化は施設を譲渡するのではなく、私立幼稚園などに定員枠を譲渡する「民設民営」を原則とする。

関連記事