国土交通省近畿地方整備局は記録的な大雪を受け、サクラマス釣りなど九頭竜川流域での釣りを控えるよう会員制交流サイト(SNS)上で呼び掛けている。

 気温の上昇や降雨などで融雪が進み一気に水量が増える場合や増水によって堰の放流を行い急激に水位が上昇する可能性もあるという。

 また福井市内の釣具店の店主によると、釣り客が車を河川周辺の道路脇に駐車し除雪を困難にしているケースもあるといい、店主は「除雪作業が落ち着くまでは釣行を控えてほしい」と話している。

 九頭竜川中部、足羽川、日野川の各漁協はホームページで各河川の状況を発信している。

関連記事