ジュラカ会員向けに、買い物・食事券のプレゼント企画を始めた「三井アウトレットパーク北陸小矢部」

 三井アウトレットパーク北陸小矢部(富山県小矢部市)は、福井銀行と福井新聞社が発行・運営する地域密着型の電子マネーカード「JURACA(ジュラカ)」の会員を対象に、1万円以上の買い物で、千円分の「買い物・食事券」を贈るキャンペーンを実施している。

 館内で当日、税込み1万円以上(合算可、催事の店舗は除く)の買い物をしたレシートと、ジュラカを1階総合案内所で見せると、引き換えに買い物・食事券がプレゼントされる。6月30日まで。

 北陸小矢部は、北陸初のアウトレットモールとして2015年7月にオープン。国内外の有名ブランドのアパレルをはじめ、アクセサリー、雑貨など約170の店舗が入る。福井市からは車で約1時間半。アウトレットを運営する三井不動産商業マネジメントの北陸小矢部オペレーションセンターによると、通常の時期の来場者は、富山県4割、石川県4割で1割程度が福井や新潟からという。担当者は「福井は重要な商圏であり、キャンペーンを通して集客をより強化し、アウトレットのお得さを実感してもらいたい」と話している。

 買い物・食事券は、滋賀竜王(滋賀県)、ジャズドリーム長島(三重県)など全国の三井アウトレットパークで利用できる。

 問い合わせは、福井銀クレジットセンター=フリーダイヤル(0120)291767。

関連記事