【ワシントン共同】米国務省報道官は13日の記者会見で、米国が北朝鮮と核・ミサイル問題で本格的な交渉に入る前に議題設定を話し合う「予備的協議」を行う可能性があるとの考えを示した。朝鮮半島非核化を最終目標とする米政府の従来方針に変更はないとも強調。北朝鮮は非核化に応じる姿勢を示していない。

 報道官はペンス副大統領が米紙のインタビューで米朝対話に前向きな姿勢を示したとされることに関し「どこかの時点で対話をするかもしれない。それは非核化に向けた話し合いでなければならない」と述べ、議題には非核化が含まれるとの認識も示した。

関連記事
あわせて読みたい