【ワシントン共同】コーツ米国家情報長官は13日、上院情報特別委員会の公聴会で、ロシアが11月の米中間選挙に介入するためサイバー攻撃を激化させるだろうと懸念を示した。

 コーツ氏は「(ロシアによる)しつこく、破壊的なサイバー作戦は続く」と述べ、欧州各地の選挙に関してもサイバー攻撃の対象になるだろうと語った。

 米情報機関は、ロシアのプーチン大統領が2016年の米大統領選に絡んでサイバー攻撃を指示したと結論付けている。

関連記事
あわせて読みたい