【越山若水】数日前、異様な光景を見かけた。福井市内の田んぼに無数のカラスが群がっていた。銀世界にそこだけが黒々として不気味だ。車を運転しながら様子をうかがった▼その田んぼには高圧電線の鉄塔が立つ。ほかの田んぼに比べると積雪が少なくわずかに土も見えている。そうか、彼らはえさをあさっているんだと気が付いた▼人間の近くにいれば食うに困らないと学習していたのに、豪雪で当てが外れた。ごみ収集車も来られない集落にえさはなく、この田んぼに一団が集結したのだろう▼自然界の厳しさが垣間見え、普段は邪険にする嫌われ者に同情した。むろん、そんな場合ではない。越前市などではきのう観測史上最多の積雪を記録した。人間界だって厳しい▼未明から車を掘り出し、大渋滞を何時間も耐えてやっと出社したと思ったら駐車場が雪に埋まっている。仕事の間に積雪が増え、退社時間には自宅に近づくこともできない始末▼給油は制限され、公共交通も動かない。徒歩通勤では何ほども働く時間がない。そんな出勤難民、帰宅難民がここ数日特に嶺北の企業で目立った▼そんな実情も踏まえた上だとは思う。西川一誠知事が事業所の操業を自粛するよう要請したのには驚いた。車の通行を減らし除雪を一気に進めたいとの気持ちはよく分かるが、企業活動も切迫している。実効性があったとは聞かない。

関連記事
あわせて読みたい