団体女子フリー 演技するOARのアリーナ・ザギトワ=江陵(共同)

 【モスクワ共同】2014年ソチ冬季五輪フィギュアスケート女子の米国代表のアシュリー・ワグナー選手が12日までに、平昌五輪女子で優勝候補のアリーナ・ザギトワ選手(15)がフリーで後半にジャンプを集中させる演技について「フィギュアの全てではない」とツイッターで批判した。

 国ぐるみのドーピング問題のため「ロシアからの選手(OAR)」として出場のザギトワ選手は全ジャンプを基礎点が1・1倍となる後半に跳び、得点を稼ぐ異例の構成で知られる。ワグナー選手は「試合へのアプローチには敬意を払う」とした上で「前半に時間をつぶし、後半にただジャンプするだけ」などとつづった。

関連記事
あわせて読みたい