車道や歩道の除雪作業=12日、福井県大野市内

 福井県の西川一誠知事は12日、同県嶺北地方の企業に対し、除雪を速やかに進めるため、県民生活の維持に不可欠な場合を除いて13日の操業をできる限り控えるよう要請した。通勤で使用する自動車によって道路が混雑し、除雪作業が遅延する恐れがあるためとしている。企業に操業休止を要請するのは異例。

 12日に福井県庁で開かれた県災害対策本部の席上、呼び掛けた。県は同日午後4時ごろ、嶺北の5商工会議所、県商工会連合会、繊維や眼鏡などの業界団体を通じて要請した。ただ、対象となる企業については「具体的にどの企業かまでは踏み込めない。休業するかどうかは各企業の判断にゆだねている」(産業労働部)としている。

 福井商工会議所は「県民の安全を優先し、できる限り周知に努める。行政にも除雪など万全の対策を期待する」とした。

 福井市内の大手製造業の取締役は福井新聞の取材に「先週は大雪で工場の稼働を停止した日があったので、13日は休業しない」と回答。ただ、通勤時に除雪作業に最大限配慮するよう社員に伝えたとし「除雪の妨げにならないよう注意して操業する」としている。

 福井市内のある経営者は「除雪を急がなければならないのは分かるが、先週からの大雪で既に商売が滞っており、企業としては困る。仕事をしなければ、おまんまの食い上げになる」と憤った。

関連記事