【越山若水】マスコットの「出前坊や」は永遠の8歳。「あ~らよ」の掛け声もかわいい即席ラーメン「出前一丁」は、きょうで発売50周年だという。随分長い付き合いである▼もっと古いなじみは世界初の即席麺「チキンラーメン」で、こちらはことし発売60周年だ。この発明がなければ、世界の食事はもっと退屈だったかもしれない▼日本生まれのインスタントラーメンはまぎれもない「国際食」。だが、世界の需要は下がり気味で2015、16年と連続して1000億食の大台を割り込んでいる▼とりわけ落ち込みが目立つのは、世界市場の約4割を占める中国だ。ここ3年で2割近くも減ったという。理由はいくつかあるが、宅配システムが急速に発展したのもその一つ▼都市部を中心に、ファストフードや人気レストランの料理が電話一本で自宅や職場に届く。庶民が豊かになったのもあって「出前一丁」が実際の出前に押されている格好である▼手軽で安いだけでは、もういけない。国内では健康的でおしゃれな食べ物として需要を伸ばしているのだから、このトレンドを海外に広めよ―との記事を何かで読んだ▼もっともだという思いは、今度の豪雪で少し変わった。物流が滞り、コンビニの棚が空になるなかでもインスタントラーメンは入手できた。頼もしい非常食だった。手軽で安価、の原点だけは忘れてほしくない。

関連記事
あわせて読みたい