【10年前のきょう・2008年2月11日】大相撲初場所で、東西横綱による相星決戦を制し、三連覇を果たした第六十九代横綱白鵬関が十一、十二の両日、若狭町を訪れ、地元の小学生や町民との交流イベントに臨んだ。朝青龍との対戦や来場所への意気込み、休日の過ごし方など多岐にわたる会場からの質問にも笑顔で答え時折、冗談を交えて観客を魅了した。

 ラムサール条約に登録された三方五湖に面する同町は、多くの同条約湿地を有するモンゴルとの友好に力を注いでいる。一昨年十二月、同国セレンゲ県の知事らが同町を訪問。昨年十一月には同町でモンゴル国立馬頭琴交響楽団の公演が開催されるなど、交流を深めており、今回の訪問が実現した。

関連記事
あわせて読みたい