立ち往生が解消した国道8号を通行する車と、続けられる除雪作業=9日午後、福井県坂井市

 日本列島は9日、南からの暖かい空気が入って全国的に8日より気温が上昇した。暖かさは10日も続くが、11日以降は寒気が流れ込んで冬型の気圧配置となる見通しで、気象庁は日本海側を中心に再び大雪に警戒が必要としている。

 気象庁によると、日本海と日本の南岸を通過する低気圧に向かって、南から暖かい空気が流れ込んでいる。10日は各地で雨が降り、気温は上昇して3月並みの陽気になる。8日までの雪で平年を大きく上回る積雪になっている北陸などでは、雪が解けるため、屋根からの落雪や、雪崩、河川の増水に注意が必要だ。

関連記事
あわせて読みたい