1メートルを超す積雪がある仁愛女子高の北門前=8日午前10時10分ごろ、福井市宝永4丁目

 福井県私立中学高校協会は2月8日、記録的な大雪の影響で9日に延期していた県内私立高5校の一般入試の最終日を再延期し、14日に行うことを決めた。道路や公共交通機関の乱れが続いているため。受験生からは「(初日の)5日から間が空きすぎて、気持ちが乗らない」と戸惑いの声も聞かれた。

 5校は北陸、仁愛女子、福井工大福井、啓新、福井南。同協会は当初の予定の6日から9日に延期した際、雪の影響もある程度収まると見込んでいたが、交通障害は続き、週明けも寒波が見込まれるため14日とした。各校とも開始時刻は変わらない。合格発表の日程は調整中。

 再延期が決まり、ほんろうされ続ける受験生には困惑が広がった。仁愛女子高を受験する福井市の女子生徒は「社会と理科が残っているが、入試の緊張感が薄れてきた」と、大雪のためとはいえ、混乱に気疲れした様子。「県立高の志願先も決めないといけないし、早く受けたい」と話した。

 県内で最も多い約1600人が志願している北陸高には8日、保護者からの電話での問い合わせが入り、午前中で30件以上になった。校舎周辺の除雪などを同日に予定していたが、先延ばしした。藤塚定之教頭は「試験初日から最終日まで1週間以上となり、受験生の心情を思うと申し訳ない。14日は除雪も済ませ、万全の体制で迎えたい」と話していた。

 ×  ×  ×

 県私立中学高校協会は9日、14日に再延期となった私立高5校の一般入試の合格発表を16日に行うと発表した。各中学校長を通じて通知する。

 5校は北陸、仁愛女子、福井工大福井、啓新、福井南。

 ×  ×  ×

 福井県私立中学高校協会は10日、14日に再延期となった県内私立高5校の一般入試の会場を一部変更した。

 福井工大福井は、丹南会場としてサンドーム福井を追加。仁愛女子は、敦賀会場をプラザ萬象からニューサンピア敦賀に、武生会場をホテルクラウンヒルズ武生から仁愛大学へと変更した。啓新は、鯖江会場を鯖江商工会議所からサバエシティホテルとした。

関連記事
あわせて読みたい