記録的な大雪に伴い、福井県内の金融機関は特別相談窓口や緊急融資制度を設け顧客に対応している。

 福井銀行(本店福井市)と福邦銀行(同)の地銀2行は、大雪で経営に支障が生じている事業者や住宅損壊などの被害を受けた個人を対象に、特別相談窓口を全営業店に設置した。フリーダイヤルでの相談も受け付ける。福井銀は0120(291)814、福邦銀は0120(683)294=ゆめプラザ。

 福井信用金庫(本店福井市)は緊急特別融資制度を設けた。大雪の影響で売上高が減少し、資金繰りが厳しくなった事業者に対する運転資金については、1千万円(期間1年以内)を上限に金利を年1.50%に設定。担保は不要。住宅損傷に対するリフォーム資金も1千万円を上限とし、金利は保証料、団信保険料を含み年1.35%。両資金とも融資枠は30億円。取り扱いは3月末まで。

 越前信用金庫(本店大野市)は7日、大雪で被害を受けた事業所などから相談を受け付ける「雪害対策資金相談窓口」を各営業店の窓口に設置した。工場や住宅の損壊修繕費など、雪の影響で新たな資金が必要となる法人、個人事業主、個人が対象。大野、勝山、福井市の本支店・出張所で通常の営業時間に相談に応じている。3月30日まで。

 また、福井商工会議所は8日から、被災中小企業、個人事業者向けの特別相談窓口を設置した。▽金融あっせん▽経営安定支援▽国・県・市、日本政策金融公庫福井支店、県信用保証協会、日本商工会議所との連携による支援対策強化-などを実施する。午前9時~午後5時。0776(33)8284。

 福井県も8日から、中小企業者の資金繰りなど経営への影響が懸念されることから「中小企業経営特別相談窓口」を開設した。平日午前8時半~午後8時(午後5時15分以降は事前予約)。0776(20)0373。

 商工中金福井支店は8日、「大雪による災害に関する特別相談窓口」を開設した。0776(23)2090。

関連記事