線路の除雪をする駅員=6日午前、福井市の福井鉄道田原町駅

 気象庁は6日、強い寒気や低気圧の影響で北日本から西日本では、7日にかけて日本海側を中心に大雪になるとして、引き続き交通障害に警戒を呼び掛けている。北陸地方は、8日ごろにかけて大雪となる見込み。福井市では7年ぶりに積雪が1メートル超えた。

 ⇒積雪、32年ぶり120センチ台に

 ⇒福井県内私立高入試、5校が延期

 ⇒福井県内の小中学校で休校

 福井地方気象台によると6日午前7時現在の県内の主な積雪は、大野市九頭竜214センチ、大野市128センチ、南越前町今庄103センチ、福井市102センチ、越前市武生86センチ、小浜市28センチ、敦賀市22センチ。

 気象庁によると、渡島半島の西海上に発達中の低気圧があり、ほとんど停滞している。輪島の上空約5000メートルに氷点下36度以下の寒気が流入しており、8日ごろにかけて更に強い氷点下39度以下の寒気が流入する見込み。また、西日本から北陸地方の上空約1500メートルには氷点下12度以下の強い寒気が流入しており、8日ごろまで続くと予想している。

 このため、北陸地方では、8日ごろにかけ、山地や山沿いに加え平地でも大雪となる恐れがある。また、強い寒気の影響で気温が低下し、8日ごろにかけて最高気温、最低気温ともに平年よりかなり低くなる日がある模様。

 福井県内の7日午前6時までの24時間降雪量は80センチ。その後、8日午前6時までの24時間降雪量は、20~40センチの見込み。

 

 
 
 
関連記事
あわせて読みたい