【10年前のきょう・2008年2月6日】国土交通省北陸地方整備局は六日、本年度補正予算を発表した。本県分では、敦賀港鞠山北地区で進めている防波堤整備に、二〇〇八年度の公共事業を前倒し発注するゼロ国債で四億円を計上した。

 防波堤の総事業費は約二百四十億円。今回の補正予算計上で約三十メートルを整備し、総延長千三百三十メートルのうち約千百三十メートルが完成する。

 防波堤整備は、鞠山南地区の多目的国際ターミナルの大型岸壁整備に合わせ、一九八五年に着手。二〇一三年度をめどに完了する予定で、船舶の入出港の安全確保や岸壁での荷役稼働率向上を図る。

関連記事