寒気の影響で雪が降り続く福井市内=5日

 気象庁は5日、発達する低気圧や上空の寒気の影響で、北日本から西日本の日本海側を中心に6日にかけて大雪になるとして、路面の凍結や交通障害などに警戒するよう呼び掛けている。

 福井地方気象台によると8日ごろにかけて、日本付近の上空約1500メートルに氷点下12度以下の強い寒気が流れ込む見込み。このため、福井県では、6日にかけて降雪が強まり、大雪となる恐れがある。嶺南では5日昼前にかけて、嶺北では5日夜遅くから6日にかけて、大雪による交通障害に警戒が必要。また、気温が低下し、8日ごろにかけて最高気温・最低気温ともに平年よりかなり低くなる日がある見込み。

 >> 福井県に出ている警報

 5日午前9時現在の積雪の深さは大野市九頭竜183センチ、南越前町今庄98センチ、大野81センチ、福井60センチ、越前市武生44センチ、小浜36センチ、敦賀26センチ。

 同気象台によると6日午前6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で嶺北の平地40センチ、山地60センチ。奥越50センチ。嶺南の平地40センチ、山地で50センチの見込み。その後も8日にかけて降雪量は増えると予想している。

 気象庁によると6日午前6時までの24時間降雪量は、北陸地方70センチ。北海道と東海地方50センチ。近畿と中国地方40センチ。東北、甲信、四国、九州北部地方で30センチの見込み。

 気象台が発表する警報や注意報、竜巻注意情報、気象情報などに留意するよう呼び掛けている。

関連記事