バレーボール全日本男子の清水邦広選手(31)=福井工大福井高出身、パナソニック=が3日、歌手の中島美嘉さん(34)と2日に離婚したことを自身のツイッターで公表した。公表されたコメントには「東京と大阪でのそれぞれの生活が多く家族としての時間を作ることが難しかった」「感謝している」などとつづられ、2人の名前が添えられている。2人は2014年12月に結婚。約3年で破局となった。

 清水選手は結婚から約10カ月後の2015年10月、福井新聞の取材に、中島さんについて「すごく助けてもらっている。いつも味方でいてくれて心の支えになっている」と答えていた。お互い仕事で会える時間が少ない点にも触れ、「支えてもらった分、自分も支えてあげたい。初心を忘れずに大切にしていきたい」と語っていた。

 清水選手は1986年、福井県生まれ。福井工大福井高、東海大を経て2009年にパナソニック入団。07年に全日本入りし、08年に北京五輪代表に最年少で選出された。15年アジア選手権での優勝に貢献、MVPに輝いた。16年のリオ五輪は逃したが主将として日本をけん引した。愛称は「ゴリ」。

 中島さんは1983年、鹿児島県生まれ。2001年、ドラマ「傷だらけのラブソング」のヒロインとして抜擢され同年、同番組の主題歌「STARS」でデビューした。オリコン初登場3位と、新人としては異例の60万枚を超える大ヒットとなった。このほかのヒット曲に「雪の華」などがある。

■清水選手が発表したコメント全文

『この度、私たちは2月2日に離婚届けを提出しましたのでご報告させていただきます。
2人でしっかり話し合いを続けてきた結果、別々の道という選択肢がお互いの将来のために最善であると考えました。
東京と大阪でのそれぞれの生活が多く家族としての時間を作ることが難しかったですが、これまで一緒に過ごした時間はかけがえのないものですし、感謝しています。
今後もお互いに夢を追いかけ、お互いの人生を応援していきたいと思います。
皆様これからもよろしくお願い致します。』

清水邦広
中島美嘉

関連記事