福井の地で脈々と続いてきた四季折々の伝統行事、風習、食文化。何気ない日々の暮らしの中に受け継がれているコトやモノにこそ、わたしたちが「しあわせ」を感じられる理由があるのではないでしょうか。そんな「しあわせの歳事」の数々を、福井県がこのほど「ふくい四季のしあわせ綴り」としてまとめました。それらを深く知り体感すれば、この福井がもっと好きになり、さらにはそれぞれのしあわせの再発見につながることでしょう。

 「ふくい四季のしあわせ綴り」の中から、今回はこの3月に見られる主な「伝統行事」をいくつかご紹介します。ぜひ足を運んで体感してみてはいかがですか? 

 

(1)小浜と奈良とのつながりを表す「お水送り」/3月2日/福井県小浜市

お水送り

奈良・東大寺のお水取り行事の「お香水」を、小浜市の鵜の瀬から送るのが、若狭に春を告げる伝統行事「お水送り」です。午前11時の山八神事から開始。修二会、大護摩法要のあと、7メートルにも及ぶ巨大松明をかかげた松明行列で遠敷川の鵜の施へ向かい、幻想的な空気に包まれながらお香水を流します。それは鵜の瀬から10日間かけ、東大寺二月堂の「若狭井」に届くとされます。

【日時】3月2日
【場所】若狭神宮寺(福井県小浜市神宮寺30-4)ほか。
【問い合わせ】若狭おばま観光協会 電話0770-53-1111
【詳細URL】http://wakasa-obama.jp/

 

(2)火の用心祈願し狐を祭る「初午だんごまき」/3月上旬/福井県大野市

初午だんごまき

「初午」は旧暦2月(今の3月)最初の午の日。各地の稲荷神社で、各地で豊作、商売繁盛、開運、家内安全を祈願します。大野市の岩崎稲荷神社では、彩り豊かな団子をまく、初午だんごまきが行われます。だんごは赤や黄、緑などに色づけされ、きつねの形をしたものや「火の用心」などと書かれたものも。住民総出で300キロ近い米を使って手作りします。約200年前、2匹の男ギツネが女ギツネをめぐって争い、負けたほうが火を放って村人を困らせたという言い伝えがもととなっています。

【日時】3月上旬
【場所】木本岩崎稲荷神社(福井県大野市木本)

 

(3)村を荒すヒヒ退治の故事にちなむ「初午祭」/3月上旬/福井県敦賀市

初午祭

敦賀市の黒河川の上流にある稲荷神社でも「初午祭」が行われます。その昔、村を荒らしていたヒヒに若い娘を人身御供として捧げていたが、旅の武芸者が退治し村を救ったという伝承が由来となっています。それにちなみ、ゴクカキと呼ばれる身を清めた男衆8人が人身御供役の子どもを囲んで供え物を神社に運び、神事の後、もち米と豆を蒸した「赤蒸し」を住民たちに配ります。

【日時】3月上旬(旧暦2月の最初の午の日に近い日曜)
【場所】稲荷神社(福井県敦賀市山24-31)
【問い合わせ】敦賀市文化振興課 電話0770-22-8152
【紹介URL】http://www.city.tsuruga.lg.jp/

 

(4)男衆が女性たちを“お粥ぜめ”する「観音様のおすすめ」/3月中旬/福井県勝山市

観音様のおすすめ

勝山市遅羽町北山のわずか11世帯の集落で400年以上前から伝わる奇習です。地区に祭られている十一面観音に五穀豊穣を祈る行事で、男衆が大釜で炊いてお粥をこしらえ、「観音さんのおーすすめーん、めーん」と大声ではやしながら、集まった女性や子どもの茶わんに、熱々のお粥をこぼれるまで入れ続けます。日ごろ家事に忙しい女性たちに感謝しねぎらう意味があると言われています。

【日時】3月中旬(3月第3日曜前後)
【場所】福井県勝山市遅羽町北山 当番宅

 

(5)真夜中から営まれる厳粛な祭典「河原神社神事」/3月上~中旬/ 福井県若狭町

河原神社神事

河原神社に伝わる厳粛な神事。勤行者という若い男子1人が決められ、神事まで1年間は毎朝神社に参拝し、殺生をしないなどの掟を守り、神事の数日前に祢宜と共に小浜の海で禊をします。当日真夜中の午前0時に祭壇の大御幣に神移しが行われ、夜が明けはじめるころ、神官や祢宜、大御幣を捧持した勤行者、幼い少女の料理持ちらが行列して神社境内へ向かます。「御殿」とばれる浄域で百味の料理が供えられ、祭典が営まれます。

【日時】 3月の初酉の日に近い日曜日
【場所】 河原神社(若狭町上野木55-8)

 

いかがでしたか? ぜひ足を運んで伝統行事の数々の雰囲気を感じてみてください。
これらの伝統行事の詳細は、福井県のHP「ふくい四季のしあわせ綴り」で見ることができますよ。

 

関連記事