JR西日本近畿統括本部は31日、29日に運行した金沢発大阪行き特急サンダーバード4号が新大阪駅で緊急車両点検を行った際、降車した乗客に「特急料金の払い戻しはない」と誤った情報を案内していたと発表した。点検で異常は見つからなかった。

 同本部によると同特急は29日午前、京都-新大阪間を走行中、乗務員が通常より大きな車両の揺れを感じ、大阪総合指令所に連絡した。指令員は新大阪駅での車両点検を指示。午前9時ごろ同駅に止まり、乗客173人が降りた。

 大阪駅まで利用するはずだった乗客には本来、特急料金全額を払い戻すところ、指令員が「払い戻しはない」と誤った情報を乗務員と駅に案内した。対象となる乗客は新快速電車を利用し、約15分遅れで大阪駅に到着した。

 同本部は31日、電話での払い戻し手続きを始めた。問い合わせはフリーダイヤル(0120)243708。午前9時から午後6時まで。

関連記事
あわせて読みたい