断水でソフトクリーム販売の休止した店では張り紙も=30日、福井県勝山市平泉寺町平泉寺

 飲食店への影響も広がっている。ラブリー牧場みるく茶屋(平泉寺町平泉寺)では開店時に断水が判明。冷却に水を必要とする機械が動かせなくなり、名物のソフトクリームの販売をこの日は取りやめた。断水のためポリタンクで水を確保し昼食時の営業をしのいだ別の飲食店関係者は、昨年1月に続く断水に「2年連続でどうしてこうなるのか。毎年断水するのでは困る」とうんざりした表情だった。

 給水制限で消火栓が使用できなくなった市消防本部では、署員らが市内数カ所の防火水槽周辺を除雪し、火災発生時に消防ポンプ車が近づけるようにした。署員は「消火栓と比べ“戦力”はダウンするが、防火水槽や用水から水を確保し何とか対応したい」と備えを急いだ。

 また、福井勝山総合病院や介護施設からは貯水槽への給水の要請があり、市は給水車の派遣を近隣自治体に要請。福井市と坂井市からそれぞれ1台ずつが応援に訪れ、市の給水車とともに施設を巡回した。
 

関連記事