見延和靖

 フェンシングの男子エペのワールドカップ(W杯)は26日、ドイツのハイデンハイムで行われ、個人決勝で見延和靖(福井・武生商業高出身、ネクサス)がボグダン・ニキシン(ウクライナ)を15―13で下し、2015年以来2度目のW杯優勝を果たした。

 見延は準々決勝で2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの朴相永(韓国)を15―11で破り、続く準決勝もワジム・アノヒン(ロシア)に15―9で勝った。

 福井県出身の見延は30歳。リオ五輪では6位に入り、この種目で日本勢として初めて入賞した。

関連記事
あわせて読みたい