阪神甲子園球場

 第90回選抜高校野球大会(3月23日から13日間・甲子園)の出場36校を決める選考委員会は1月26日、大阪市内で開かれ、21世紀枠北信越地区候補の金津は選出されなかった。

 選抜大会には明治神宮大会を制した明徳義塾(高知)、同大会準優勝の創成館(長崎)などが選ばれた。21世紀枠では由利工業(秋田)、膳所(滋賀)、伊万里(佐賀)が選ばれた。北信越地区代表には日本航空石川、星稜(石川)、富山商業が選ばれた。

 金津は圧倒的な打力を武器に秋季福井県大会で初優勝。初出場した北信越大会では松商学園(長野)に1回戦で敗れた。

 90回記念となる大会は前回大会より4校多い36校が出場、選手の健康管理を考えタイブレーク制が導入される。組み合わせ抽選会は3月16日に行われる。

関連記事
あわせて読みたい