天気図(25日午前6時)=気象庁HPより

 強い冬型の気圧配置の影響で北日本から西日本の日本海側を中心に大雪や猛吹雪になる見通しで、気象庁は25日、交通障害などに注意するよう呼び掛けている。福井県内では、雪の影響で、同日午後1時40分までにJR西日本が特急サンダーバード8本の運転を取りやめるなど交通に影響がでている。

 JR西日本によると、同午後1時40分までに北陸線で運転取りやめとなったのは、上り(金沢方面⇒大阪方面)が18、28、30、34号の4本で、全区間運休する。下り(大阪方面⇒金沢方面)は、15号が大阪―金沢間の運転を取りやめた。17、21、31号は全区間運休。このほか、普通7本が運休。越美北線では普通4本が運休となった。

 福井鉄道によると、相互乗り入れ便の午前9時14分越前武生発、同10時49分鷲塚針原発の列車は田原町―鷲塚針原間が運休となった。

 京福バスなどによると同日午後0時半までに、高速バスは、福井―名古屋便で上下線12便が運休、福井―東京便は上下線4便が運休となった。

関連記事
あわせて読みたい