風雪の中を通学する児童ら=24日午前7時40分ごろ、福井市大手3丁目

 気象庁は1月24日、強い冬型の気圧配置が続き、数年に一度レベルの非常に強い寒気が流れ込むため、北日本(北海道、東北)から西日本の日本海側を中心に大雪や暴風雪、高波に警戒するよう呼び掛けている。雪崩、吹きだまりによる交通障害にも注意が必要。

 同日午後1時現在、福井県内では大野市と勝山市に大雪警報が出ている。また沿岸市町に波浪警報が出ている。

 福井地方気象台によると、24日午後0時の積雪の深さは、大野市九頭竜152センチ、大野66センチ、南越前町今庄36センチ、福井30センチ、越前市武生28センチ、敦賀5センチ。

 25日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、嶺北の平地30センチ、同山地60センチ。奥越で70センチ。嶺南の平地25センチ、同山地50センチの見込み。

 26日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、福井県の多い所で、20~40センチの見込み。

 海上では、25日にかけて、大しけとなる見込みで、24日に予想される波の高さは、嶺北、嶺南とも6メートル。24日夕方にかけて、西よりの風が非常に強くふき24日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、嶺北と嶺南の陸上で16メートル(30メートル)、海上で20メートル(30メートル)の見込み。

​ 発達した低気圧が日本の東を北へ進み、別の発達した低気圧も日本海北部を北西へ進んで、日本付近は冬型の気圧配置が強まっている。強い冬型気圧配置は27日ごろにかけて続く見込み。太平洋側も25日にかけ大雪の恐れがある。

関連記事
あわせて読みたい